イメージ1

女性用喪服の注意点とコラム

女性のファッションには様々な種類がありますが、喪服もとても大切な存在です。

そうしょっちゅう着用するものではありませんが、通夜や葬儀は突然連絡を受けることとなりますので、いつでもすぐに着用できる準備が必要です。
女性はワンピーススタイルなどで出かけるときが多いですが、注意点としてはシワや型崩れをさせないようにすることがあげられます。
畳んでおくとどうしてもシワや型崩れの原因となってしまいますので、保管方法としては、やはりハンガーに吊るしておくのがおすすめです。

カバーをかけておくとより汚れやほこりがつくのを防ぐことができますが、通気性の悪いものだとカビなどの原因になりやすいですから、不織布などの通気性の良いカバーに入れていくことがおすすめです。

そして汚れたまま収納するのはカビや虫食いの原因になりますから、きちんとクリーニングして清潔な状態で保管しておきましょう。
さらに片付ける前にはほつれやボタンが外れかけていないかなども確認しておくとより安心です。

防虫剤なども有効ですが、においの強いものだとすぐに取れなくて苦労しますので、無臭タイプを選んでおくのがおすすめです。
そしてバッグや数珠、アクセサリーなどの小物も一箇所に集めておくとすぐに用意することができます。

女性が喪服を購入する際の注意点として、まず挙げられるのが服のデザインとサイズです。

お葬式というものは人生においてどうしても避けては通れないものですが、かといって、毎年1回づつとか、定期的にあるものでもありません。
いつも突然で、生きている限り経験しますし、何回という決まりはありません。

そうなってくると、女性の場合、年齢や見た目が大切な要素になってきます。

いつまでも若い時に作ったデザインのままでは親戚の手前何か余分なことを言われるかもしれませんし、何より自分が恥ずかしい思いをすることがあります。
又、より近い人のお葬式の場合、特に地方では洋装より着物ということが多く、やはり人目がありますから、両方用意しておく必要があります。スーツでも可能かどうかはこちらを参照してください。

女性は結婚によっても必要なものが違ってきますし、何よりサイズです。
どうしても結婚・出産を経験しますと、特にウエスト当りがふっくらしてきます。

ですから、そうそう作ることができない、ある程度までならこのデザインで、と決めるようでしたら、ウエスト周りには余裕を持って、少しゆるいくらいの、あとで直しができるものを選ぶと無難です。
デザインは、あまりスカートの裾が短すぎないなどの配慮も必要になってきます。

葬儀に着ていく喪服について、女性の方が悩むのは値段です。安物を選ぶか、高価なものを選ぶか。

まずは、値段が安く、購入しやすい喪服を選ぶ場合、葬儀で、倹約していいものを買ったと思われる方もいるかもしれませんが、安いものはやはり、デザインがいまいちであったり、灰色っぽかったり、素材が薄かったり、色などでわかってしまいます。

年齢が若ければさほど気にはならないでしょうが、年齢を重ねるごとに、安物では恥ずかしく思える人もいるでしょう。

葬儀・法要に出席する事になると考えなければいけないのがその服装です。

男性が黒のスーツが基本なのに対し、女性 喪服は幅が広く、どこまでが正装として受け入れられるのか迷うところでしょう。

黒ならばいいという人もいますが、女性の場合、できればスカートやワンピースが望ましいです。
そして、それらはなるべくスリットなどが入っていない物が良いとされます。

最近ではパンツスタイルも認められつつありますが、身体的問題があり動きやすい格好でないと大変とかでない限り、スカートやワンピースをお勧めします。
そして、髪型はシンプルな印象になるように、しておきましょう。
リボンや髪留めを使う際にも黒を選びましょう。なるべく控えめな髪型にする、それも大切な身だしなみの一つです。

そしてアクセサリーは結婚指輪以外は外すのがマナーです。
それ以外に着けるとすれば、一連の真珠のネックレス程度です。
そして服も靴もバッグも髪飾りも、光沢のない物を選ぶ事が重要です。女性の場合これ以外に、近親の親族であれば和装という選択肢もあります。>>参列する心得
喪服はいつ必要になるか分からないものです。
ですから、突然必要になっても慌てないように、一式揃えておく事をお勧めします。

その他色々

年に何度かしか使わないとはいえ、しまい方により、やはりすぐに傷んでしまいます。 しかし、高価なものはというと、色は真っ黒で見た目から高いものだとわかります。

若い人にはやはり手は出しにくいですが、少し年齢を重ねた人は、ぜひ、少し値段はしますが、ブランドの物に手を出してみるのも良いでしょう。

安価な物に比べ、長持ちしますので、デザインなどにはよりますが、自分の子供などが使うことができるかもしれません。

このようなことを考えると、年に何度かとはいえ少しでも高価な物を選ぶことが良いかもしれません。 それによって何かが変わる訳ではありませんが、女性としては、年齢相応の物を購入したいものです。
即日発送の喪服サイトはこちら⇒女性の喪服通販

葬式の時、手伝いもせず口出しばかりする親戚
なんとかしたい

スイートピーの人気喪服

10年前に父親を亡くしたSさん。自分の家から葬式を出すのは初めての経験でしたが、今でも苦い思い出が残ります。
わずか2日の入院で父親が亡くなってしまったため、心の準備もできぬまま、遺体を自宅に運んだり、親戚や知人に連絡したり、葬儀社との打合せをしたりと、葬式の準備に追い立てられました。
打合せが終わって、ホッとする暇もなく今度は父親の死を聞いた遠方の親戚が次々に駆けつけてきました。そして開口一番、「あー喉が渇いた。お茶くれる?」「お腹空いたわね。ご飯はどうなってるの?」「どこに寝ればいい」などなど。
たった今、配偶者や親を見送ったばかりの家族は、食事や他人の世話どころではないのが現実。
こういった遠慮のない一言に、ムッと来ることもあるのです。
結局Sさんは、葬式がすべて終わるまで親戚たちの世話に追われました。

お通夜の席で、兄と親戚がつかみ合いの喧嘩になってしまったというのは、Mさん。
長年の闘病の末、父親が亡くなったため疲れきっていたお母さんに代わり、弱冠24歳のお兄さんが葬式の手配に奔走しました。
お通夜の後、親戚だけでお酒を飲んでいたときに、Mさんの従兄弟(40歳)が祭壇や葬儀の運営のことなどで文句を言い始めたのです。
「若い者に教えてやる」とばかりに、どうでもいいような細かいことをあげつらいダラダラと説教するのです。
最初は黙って聞いていたお兄さんでしたが、あまりのしつこさにキレてしまい、故人のお見送りの席が一転して修羅場に。
ほかの親戚のとりなしでその場はおさまりましたが、一部始終を目撃していたMさんは「葬式が大変」ということの意味を実感しました。
テレビなどの葬儀シーンを見ていると、家族が亡くなったときには遺族はただ嘆き悲しんでいればいいようなイメージがありますが、実際には、葬儀社さんとの打合せや親戚や近所の人の対応などで忙しく、ゆっくり泣いている暇はありません。
中でもストレスの元となるのが、手伝いもせず、口出しばかりする親戚です。
なまじ親しい間柄だけに言いたい放題。追い出すわけにもいかず、辛い思いをすることになります。
特に子ども世代に対しては、親戚の目は厳しいものと覚悟しておきましょう。
葬式では親戚の中で力のある人や配慮ができる人を味方に付けてサポートしてもらったり、「今回は故人の遺志を尊重してこのようなかたちにしました」と前もって宣言してしまったりなどの「親戚対策」も重要です。